• HOME
  • 未分類
  • 確定申告について②~おすすめの会計ソフトfreee~

確定申告について②~おすすめの会計ソフトfreee~

未分類

開業と同時に個人事業主届けを出し、確定申告も次回で5回目となりますが、未だによくわかっていないことだらけ(^^;)

当然初めての確定申告なんて訳が分からず、どこに何を書いたらいいのやら…確定申告当日に税務署のボランティアの税理士さんに手取り足取り教えていただきながらやっとのことで提出したのを今でも思い出します

毎年2月になると憂鬱になりますが、事業をする上でとても大事なこと。申告をした後はとても清々しい気分になりますし、どれだけ頑張ったかが数字で表されることで「今年は去年を上回るようもっと頑張ろう!!」と明確な目標になりモチベーションにもなります。

今までは青色申告の10万円控除で申請していたんですが、今年度は65万円控除にチャレンジしようと思い…というのも、年々生徒様の数は増え、オーダーもたくさんいただくようになり、今年度はありがたいことに今までで最高の売り上げになり、65万円控除にチャレンジすることにしました。

でも、複式簿記?貸借対照表?と知らないワードがたくさん出てきて、ハードルの高さにびっくり(^^;)本を読んだり、ネットで調べたり、YouTubeで勉強したりするなかで知ったのが

 

「freee」という会計アプリ

https://www.freee.co.jp/

知識がなくても誰でも簡単に帳簿がつけれてしまうんです!
しかもスマホで!

日々の支出はスマホでレシートの写真を撮り、自動で金額や日付を読み取って入力してくれます。
銀行口座やカードの引き落としとも連携しているので自動で読み込んでくれます。

そして、貸借対照表や総勘定元帳など、65万円控除で必要なややこしい書類もこまめに入力さえすれば自動で作成してくれるんです。

※今年度の申請分からオンラインでの提出でなければ65万円控除が受けられないので、マイナンバーカードを取得していない人は取得しましょう。(私は作成までに1か月ほどかかりました)

 

それでも細かい事はよくわからないので(これは経費になるの?減価償却はどこに入力するの?など)、税務署に足を運んで教えてもらったんですが、無料で自宅に税理士さんが来て個別に教えてくれるサービスがあるのをご存じですか?

 

税務署に行き、「記帳指導の申し込みをしたいんですが…」と言っていただくと予約ができ、無料で税理士さんが自宅に来てくれて(4回まで)、わからないところを個別に相談できますし、会計ソフトについても教えてくれます。自宅じゃない場所でもOKですし、ZOOMでも対応してくれるそうです。

私も先日このサービスを利用して確定申告に向けて正しく記帳できているかチェックしてもらいつつ、いろいろと教えていただきました。
税金を納めているんだからこういうサービスを受けないともったいないですよね。

(一般の税理士さんにお願いすると最低でも月5000円~はかかるそうです)

私もこの仕事を始めるまでは税金に関しては正直ちんぷんかんぷんでしたが、毎年申告することで学んでいきますし、市のサービスを利用することで、教えてくれる人は身近にいます。

ですので、みなさんもぜひ売り上げが増えてきたら65万円控除にチャレンジしてみてくださいね!

 

sawa

5,395 views

兵庫県西宮市在住。二児の母。出産を機に仕事を辞め、専業主婦をしていましたが、子育てをしながら自分の時間も楽しみたい!と趣味で始めたポーセラーツにどっぷりはま...

プロフィール

関連記事一覧